1. HOME
  2. 働く人たちの声
  3. 講師同士のクロストーク

講師×講師のクロストーク

心を育てる場所でありたい。

延べ1万人以上のセラピストを輩出してきたラフィネグループの研修センター。
研修修了後も、講師に会いに来たり、悩みを相談しにきたりするセラピストも少なくありません。
講師は、一体どのような人たちなのか。
話を伺うと、人と人とのつながりを大切にしたいという思いが垣間見えました。

セラピスト  下釜

研修講師

川口奈緒

 

リーダーセラピスト  小野

教育部部長

牧島智法

「感謝力、謙虚力、末永く」

牧島: 研修センター立ち上げ当時から、「感謝力・謙虚・末永く(継続力)」を大切にしてきました。
これは生徒だけでなく、講師にも意識してほしいことです。
実際、教えているようで、研修生から気づきを得ることも多いんです。
ここまで育ててくれた研修生には感謝しかありません。
川口: 先生がたは、人間くさい人が多いですね。牧島先生もおっしゃられていたのですが、一言で言えば、「おふくろ型」でしょうか。
自分より人のことが気になるというか、ついついお世話してしまうような、優しさと厳しさを合わせ持つ人です。
教える側も毎回必死ですから、つい気持ちが入って泣いたり笑ったり、怒ったりすることがあるんです。

部長 牧島

「人生2倍、楽しめる場所」

牧島: 自分も元セラピスト。
最初、講師になったときは迷いもありました。教えるために、この仕事を始めたわけではないので。
ただあるとき「先生の代わりに、お客さまの笑顔をたくさんもらってくるね!」と研修生から言われたときに気付いたんです。
講師の仕事も、結局お客さまの笑顔を増やすことにつながっていると。
川口: セラピストは素晴らしいしごとだと自信をもって言えるし、研修を受けに来た生徒たちには、まず興味を持ってくれたことに「ありがとう」と言いたいです。
いろんな経験ができて人生2倍は楽しめるので、チャレンジしたことを後悔させないように、日々指導に望んでいます。

講師 川口

「人と人の間でしか、心は育たない」

牧島: リラクゼーションって、本質は心を癒やす仕事なんです。
知識やセンスだけでは、お客さまの心を豊かにできません。心は、人と人の間でしか成長させられません。だから、たくさんの仲間と一緒に研修に参加してもらうし、先生も研修生と本気で向き合う。
業界トップクラスまでラフィネグループが成長できたのは、心を大切にする研修があったからだと自信を持って言えます。
川口: 人と人がつながることって、大変なこともあると思います。
伸び悩む研修生を見ると、夜寝る前にどうすればいいんだろうと、ずっと考えていることもしばしばあります。
でも、卒業生から「指名をもらえました、先生のおかげです!」なんて言葉をたくさんもらえると、やっぱり嬉しいですね。
人と人でつながることでしか、得られないものがある。そのことを、伝えていきたいです。

左:リーダーセラピスト 小野 右:セラピスト 下釜

人に喜んでもらえる仕事だから
いつも笑顔で。

ゼネラルセラピスト
森田さん

ゼネラルセラピスト 森田さん

日々やりがいを感じながら
成長できる環境。

ゼネラルセラピスト
岸田さん

ゼネラルセラピスト 岸田さん

感謝の気持ちを忘れずに
楽しく働く。

チーフセラピスト
谷さん

チーフセラピスト 谷さん

一人の力で達成できなくても
仲間と乗り越えられる。

営業部
細井さん

営業部 細井さん

リーダーセラピストとの

クロストーク

講師同士の

クロストーク

採用のエントリーは
こちら

採用のエントリーアイコン
エントリーする

新卒採用の情報はこちら

総合のお問い合わせはこちら