1. HOME
  2. ラフィネグループとは
  3. よくある質問

よくある質問

事業・業務内容について

リラクゼーション業界でサービス力総合1位を取ることができた理由は何ですか?

【ミステリーカスタマーチェック】

お客様から人気の高いセラピストにアンケートをとり、接客で心掛けていることを分析しまとめたものです。いわゆる当社の接客マニュアルです。
これを研修で完璧にできるまで落とし込みをいたします。なので多店舗展開しているラフィネでも、全国で同じレベルのサービスをお届けすることができます。
あとはそこにサービスコンセプトである「ハートフルリラクゼーション」を意識し、自分のカラーをのせて接客のスキルや技術力を高めていくことにより、唯一無二のサービスを提供できるようになっていきます。

【教育と店舗管理の分社化】

教育する会社とお店をマネジメントする会社を分社化することにより、妥協がなくなります。
これをひとつの会社ですべて行うと「人が足りないからまだ未完全でもデビューさせてしまおう」など妥協が生まれます。
互いの会社が専門的に責任感をもって業務を請け負うことにより、自然と品質が高まっていく仕組みになっております。

 

【サービスコンセプトの浸透】

全セラピストが当社のサービスコンセプトを最初の研修で体系的に理解できるしくみを構築しているので、大きなズレがなくサービスを届けることができております。

 

入社されてから知った貴社の魅力や強みなどはありますか?

ラフィネグループの強みは「常にスピード・クオリティ・システムを革新します」という成長方針をもとに歩みを止めず様々な事業を展開していることだと思います。
その言葉通りに「良い!」と思ったことはすぐに実行に移し、改善が必要となればそれもすぐに対応しPDCAを回しています。
新規事業等も成功と失敗を繰り返し、学び活かしてきました。
(海外店舗出店、時代のニーズに合わせた各ブランドコンセプトや手技の改良等の見直し、人員の配置転換等)
幅広く社会を捉えるアンテナ、行動力とチームワークで成長してきた企業なのだと入社し更に感じている部分です。

魅力は、自分の楽しみやライフスタイルを大切に働いている方が多いことです。
楽しそうな先輩方をみて、自分も好きなことや強みをいかして働こう!と思え自分のライフスタイルも大切にするようになりました。

課題は何ですか?

グループ全体では業界NO1の店舗数ですが、自社ブランドのみですとまだ足りません。
自社ブランドだけで業界NO1を目指す上で、人材が足りていないのが課題です。

自社ブランド『ラフィネ』で働いてもらう人材は、当社の職業観を理解し、実践レベルで体現できる人材に担っていただきたいと思っています。

企業は人です。人がいるから企業が成り立ちます。だからこそ人材の採用と育成というのがしばらくの課題であり、やりがいのある部分です。

セラピスト関連について

セラピストの1日のスケジュールを教えてください。

例をご紹介させていただきます。
空いている時間もうまく使って、レベルアップ向上をしている方が多いです。

<早番>実働8時間

・オープン作業⇒開店⇒お客様対応⇒退店
お客様に施術している時間:3時間~4時間
残り約5時間の中でお昼休憩、お客様情報の確認、在庫チェック、事務作業、施術練習


<遅番>実働8時間

 ・出勤⇒お客様対応⇒クローズ作業⇒退店
お客様に施術している時間:3時間~4時間
残り約5時間の中でお昼休憩、お客様情報の確認、在庫チェック、事務作業、施術練習

セラピストの1日のスケジュールは「働く人たちの声」からもご確認いただけます。

セラピストのお仕事は全くの未経験ですが、なにか資格の取得等は必要でしょうか?

必要ございません。
研修に参加するまでに勉強してほしい知識は内定承諾後にすべて共有いたします。

オイルトリートメントを行う手技に興味があります。手技を学ぶことは可能でしょうか?

可能です。
当社では、アロマオイルを使った全身オイルトリートメントの手技を中心に提供する店舗もございます。
姉妹ブランドでオイルのコースを提供しているのが、ラフィネプリュス・グランラフィネ・バダンバルー、トータルセラピーです。

その中でラフィネプリュスでは基礎となるボディケア・リフレクソロジーの手技を取得しある程度店舗での経験を積めれば、タイミングを見てオイルコース手技を取得していただくことが可能です。

またグランラフィネ、バダンバルーに関しては、フレッシュセラピストというランクに達していることが条件です。

いずれも、ラフィネで数ヶ月経験を積んでいただきます。
技術・接客共に自信をつけ、ステップアップとして他の手技を学び、更なる向上を目指していただくためにお伝えしている条件です。

セラピストの方が自分の武器として持っている資格は、
アロマテラピー等の知識以外にどのようなものがありますか?

サービス接遇検定、英会話検定、シニア検定、食育アドバイザーなど、接客やお客さまの健康づくりのサポートに繋がる知識を自ら学び、サービスとしてお届けできるように自己研鑽しております。

機械は使用しますか?

どの施術も機会は一切使わず、オールハンドで行います。

セラピストをしていて、1番やってよかったと思ったことは何ですか?

経験した人に寄って様々な感じ方があると思いますが、多く上がる意見として回答させていただきます。
自分自身が提供した技術(施術・接客)に対して、お客様から感謝の「ありがとう」「元気がでた」「身体が楽になった」「またあなたでお願いしたい」と感謝の気持ちをいただけることですね。
人の役に立てていることが実感できる瞬間にセラピストという仕事をしていて良かったなと感じることが多いです。

セラピストをしていて大変に感じた経験は何ですか?

自分の課題ととことん向き合うという大変さがありました。
セラピストのお仕事は、1対1です。良くも悪くも、結果がダイレクトに返ってきます。ご満足いただけなかった経験ももちろんあります。そのときはすごく悔しかったです。
自分に足りない部分や、改善部分と向き合うのって簡単ではないと思います。でも、そこから逃げずに向き合わないと、同じことを繰り返すだけです。
次はそうならないように自分がどうすべきかを考えて行動に移さなければ変化はありません。
自分の行動が実を結んで目の前でお客様の笑顔が見られたときは、とても嬉しいですね。
頑張ってよかった、自分の力で喜んでいただけたと感じられる瞬間です。

セラピストとして働き始めた後の研修や勉強会はありますか?

ブラッシュアップ勉強会というものが毎月あります。参加は任意です。
お客様に喜んでもらうために必要な課題や問題点を克服するための講座をボディワークアカデミー(教育部)で実施しております。
また、店舗ごとや地域ごとに勉強会を開催しているときもあります。

セラピストとして働く中で、整体等の別のコースを提供するブランドに変更する事は出来ますでしょうか?

可能です。
当社では整体コース、ストレッチをメインとして施術を取り入れている【ナチュラルボディ】というブランドがあります。
メインブランドのラフィネ以外にも様々なブランド展開がありますが、希望によりブランド変更が可能です。ご相談ください。

キャリアパスについて

最も早いキャリアステップを教えてください。

お店に配属になってから5年でグランドマスターセラピストになった方が一番早い例です。
現在大阪で活躍されております。
入社時に『グランドマスターセラピストになる』と目標を掲げ、そのために何をしないといけないのか計画をたて、
生活の基準をすべてそこに合わせていったという話を聞きました。
職位が上がればあがるほど、社内でのキャリア選択の幅が広がるので、『自分自身に生き抜く力を身につけてプロフェッショナルとして成長する』という当社の職業観を体現している良い例だと思います。

キャリアパスプラン制度で1つのランクを上げるには、早い方ですとどのくらいの期間であがりますか?

まずキャリアパスプランに関しましては、特に期間・年月では決まっておらず、昇格基準を満たしていただくことで次職位にあがることができます。
人により差がありますが、一例としてあげさせていただきます。

<職位> インターンセラピスト→フレッシュセラピスト→アドバンスセラピスト→
     ゼネラルセラピスト→チーフセラピスト→マスターセラピスト→グランドマスターセラピスト

早い方で店舗にデビューをしてから
・インターン→フレッシュへ 3か月~6か月
・アドバンスへ 6か月~1年
また、3年以内にはゼネラルセラピストとしてランクアップされている方が多い印象です。 あくまで目安になります。
個人で目標を立て、自身の課題とも向き合いながら向上心をもち取り組んでいただけたらと思います。

研修関連

内定をいただいた場合、早期に研修の参加は可能でしょうか?

可能でございます。
東京に関しては毎月研修を行っておりますので、研修日程とご自身の都合があえば参加いただけます。

研修は配属された店舗で行うのでしょうか?

全国の主要都市に研修センターがございますので、そちらでお店に立つための技術・接客・身体の知識を学んでいただいております。
研修センターは、東京・大阪・名古屋・福岡にございます。
内定後に各研修センターでの研修日程が発表されますので、ご自身のスケジュールやご自宅から行きやすいかどうかで
研修センターを決めていただければと思います。

ヘルスマネジメント職関連

ヘルスマネジメント職で活躍している方は
セラピスト職を経験している方がほとんどなのでしょうか?

ほとんどセラピスト経験者です。
専門的な業務などは、中途採用で即戦力となる人材を採用しております。

それ以外は基本的にセラピストとして、当社の職業観やマインド、セラピストという視点で世の中を捉える経験を働きながら積んでいただきます。
それを基にあったらいいな、こういうことをしたいなという想いをヘルスマネジメント職で形にしていただくのが当社のカルチャーです。

ヘルスマネジメント職の部署配属はどのように決まるのでしょうか?

適性を見させていただき、決定いたします。

まず、セラピスト職として店舗にて経験を約半年ほど積んでいただきます。
その過程で仕事の様子、お客様対応、店舗での勤務姿勢等を拝見させていただき、適切な部署を決定いたします。

ヘルスマネジメント職において、どのような人に働いてほしいなど求める人物像はありますか?

参考までになりますが

①コミュニケーション:「相手の立場にたって、物事を考えられる人」、「相手の意見を柔軟に受け入れながら分け隔てなく人と関われる人」

②主体性:「積極的に挑戦し、周りに良い影響を与えることができる人」、「指示を待つだけでなく、自らの意思で行動できる人」

③当事者意識:「他人や環境のせいにせず、自己研鑽をし、自らの選択を正解にかえられる人」、「人任せにせず、自分事として、物事を考えられる人」

④感謝:「何事もあたりまえと思わずに、常に感謝の気持ちを表現することができる人」、「周りの支えに感謝の気持ちをもって生活できる人」

⑤謙虚:「周りの意見に耳を傾け、吸収しようと努力できる人」、「相手の意見を素直に受け止め、自身を成長させることのできる人」

この5つを軸に採用基準を設けております。

募集内容・待遇

留学生でも採用実績はありますか?

興味をもっていただきありがとうございます。
現在は日本国籍もしくは永住権をお持ちの方を採用させていただいております。

エリア内での転勤はありますか? また、部署により休日は土日祝とは限らないでしょうか?

《転勤》
セラピスト職に関しましては、会社都合での異動・転勤はございません。
ご自身が働きたい環境やそのときの状況に応じて勤務地を選択いただけるようになっております。

ヘルスマネジメント職に関しましては、異動・転勤について会社から声掛けがある場合があります。


《休日》
セラピスト職に関しましては、店舗ごとのシフト制となっております。
休日日数の指定はございませんが、月120時間以上勤務できる方が採用基準となっております。

ヘルスマネジメント職に関しましては、カレンダー通りが基本となっております。
セラピストが働く店舗は土日も営業しておりますので、部署によっては土日に出勤することもございます。
休日出勤をした場合には、ご自身で代休をとっていただく形で休日日数を管理しております。

勤務地を遠くに設定した場合に、社宅制度はありますか?

セラピスト職に関しては、会社都合で自宅から通えない場所での勤務をお願いした場合、会社から社宅の手配をいたします。
勤務地希望制で会社都合の転勤はないので、基本的には社宅を利用することはないです。

ヘルスマネジメント職に関しては会社都合での異動・転勤なども可能性がございますので、その際には社宅の手配をいたします。

海外関連

オーストラリアの店舗について詳しく知りたいです。

「Raffine TOKYO」としてオーストラリアのシドニーに2店舗展開しております。

・2017年 12月 1号店 The Galeries店(ギャラリーズ)
・2019年 8月 2号店 York St店(ヨークステーション店)

いずれもシドニーの都心の駅より近隣にて展開しております。
オフィス街なので、会社員や主婦の方が多く来店し賑わいを見せています。

▼実際に勤務していたセラピストインタビューです
https://www.jams.tv/education/94852

オーストラリアで勤務するのに必要なスキル(条件)を教えてください。

・職位:アドバンスセラピスト以上
・セラピストとして配属されてから2年間の経験が必須
・英語研修への参加(3日間)
・アロマオイルの手技の取得

※2021年3月時点

シドニーの店舗で働いている方のエピソードを教えてください。

◆オーストラリア店舗にてご活躍されていた木村セラピストのインタビューより

【大変だったこと】
やはり英語ですね。オーストラリア渡航までの準備期間が短かったこともあり、”ゼロ英語”からのスタートだったので、苦労しました。
英語での接客も、片言ながらなんとかこなしていました。
絶対に訊かないといけないことや専門用語などは、ローカルスタッフとの勉強会で覚えました。
接客をする中で言葉が通じない時もありますが、自分の口からお客様へ話す努力をしています。
オーストラリアの国民性なのか、お客様は穏やかな方が多くて、言葉が通じないことでトラブルになったことは今のところありません。
私が少し焦っている時でも「大丈夫だよ」と、逆に優しく声をかけてくださることさえあります。

【働きがいについて】
施術後のお客様からの「癒されたよ」という言葉が活力でもあり、やりがいです。
その言葉も嬉しいですが「楽しかったよ」と言ってもらえることが私の理想です!
揉みほぐしている時以外でも、常にお客様の体に触れて、自分のパワーを送り続けることを意識しています。
施術が終わった後にお客様に必ず笑顔になってもらうことが大事だと考えています。

その他

社風が知りたいです。

ここに関しては見る人によって感じ方が違うとおもうので お手数ですがご自身で見ていただくことが一番だと思います。

その際、ラフィネで働いている人たちを見ることをおすすめいたします。
当社の社風を体現しているのがセラピストたちなのでラフィネの雰囲気=会社全体の雰囲気と思っていただいて大丈夫です。

セラピストとしてのやりがいはどのような事がありましたか?

セラピストはお客様と直接関わることのできるお仕事です。よくも悪くも、ダイレクトに反応がわかります
お客様の求めることを理解し、行動できたときに、 お客様が笑顔になったり、直接「ありがとう」という言葉を下さったり、
喜びを共感できたときはとてもうれしい気持ちになります。

また、お客様にご満足いただけなかったこともあります。
でも、そこで立ち止まるのではなく、どうすればよかったのか、何が足りなかったのか考え、行動して力をつけていく。
お客様に同じ思いをさせないように、振り返り、前に進むことが大切です。

できなかったことができるようになったり、苦手だった部分を褒めていただいたり、やりがいや成長を常に感じられるお仕事だと思います。

また、私たちはお客様の力を借りて日々成長することができます。
自分の成長を喜んでくれる仲間やお客様がいてくれるのはとても幸せなことだなと実感しています。

入社前と後でのギャップはありましたか?

良い意味でのギャップがありました。
働き方、環境へのギャップが一番大きかったと感じています。

例えば、個人事業主はすべて自分でやらなくてはいけないというイメージでしたが、 セラピストが働きやすいように、
お客様に集中できるようにと会社が様々なことをしてくれます。

集客や教育、面談などもその一つです。
セラピストがお客様により良いサービス提供ができるように、自分の苦手を克服するための勉強会があったり、面談で悩みを聞いてくれたりと、
セラピストがお客様に寄り添うように、会社もセラピストに寄り添ってくれます

また、店舗の仲間と協力してお店を運営するので、一人で頑張らなきゃいけないという感覚はありませんでした。
お客様へはもちろん、働く仲間への思いやりも強いと感じました。

来店されるお客様はどういった年齢の方、性別の方が多いですか?

30代~50代の女性のお客様が多いように感じますが 性別問わず、幅広い世代のお客様にご利用いただいております。
土地柄や出店場所によって、少し異なります。

ご夫婦で来店される方、お仕事の合間や仕事帰りに寄られる方など様々です。

採用のエントリーは
こちら

採用のエントリーアイコン
エントリーする

新卒採用の情報はこちら

総合のお問い合わせはこちら